【Visual Studio 2013】Google V8 JavaScript Engineのビルド方法

VS2013でのビルド方法を解説したサイトが無かったので、ここにメモを残します。お役に立てれば幸いです。

■gclientのインストール

depot toolsこれをDLして、解凍すると”depot_tools”と言うフォルダが出てくると思うので、適当なところへ移動し、パスを環境変数に追加します。(C:\直下などに移動して、C:\depot_toolsを追加する)

コマンドプロンプトで以下のように入力して実行すると、初回のみインストールが行われます。

gclient

■V8の入手

コマンドプロンプトで、以下を実行してください。

mkdir gc
cd gc
gclient sync
fetch v8
cd v8
git new-branch mywork

最後の1行はGoogleの説明でおすすめされていたので、念のため書いてありますが、やらなくても大丈夫です。

■GYPのインストール

http://enginetrouble.net/2013/07/getting-started-with-gyp.html

ここの通りにやれば大丈夫です。ありがたやー。

ただ1点だけ追加。環境変数にGYP_MSVS_VERSIONを作成し、値を2013に設定しておきます。

■V8のビルド

コマンドラインにて、以下を実行。

python build\gyp_v8

すると、buildフォルダに”all.sln”が作成されます。そのままビルドをすると、失敗してしまうので、src\perser.ccをTerapad等で開いて、文字コードをUnicodeにして保存しておきます。

ここまでこれば、後はビルドをするだけです。Visual Studioでall.slnを開き、ビルドしてください。

ビルドのモードはReleaseでもDebugでも好きな方で。

One thought on “【Visual Studio 2013】Google V8 JavaScript Engineのビルド方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください